インドネシアの紙パルプ用伐採の状況

熱帯林破壊たっぷりのコピー用紙
お使いになりますか?

環境や社会への影響

日本国内の販売状況

APPの製品パッケージ

 インドネシアでは現在、紙生産のための伐採による熱帯林破壊が進んでいます。中でも大きな影響を及ぼしている紙パルプ会社は、Asia Pulp&Paper (APP)社エイプリル(APRIL)社です。

 APP社とエイプリル社は、いずれもスマトラ島中部のリアウ州に世界最大級の工場を持ち、パルプや紙製品を生産しています。この2社の問題点は、以下の通りです。

ビデオを見る(約8分間)
インドネシアから来たコピー用紙

熱帯林を皆伐している

 両社とも熱帯林の大規模な皆伐を行なっています。森林内のすべての樹木が伐採されるため、スマトラゾウなどの絶滅危惧種を含む、多様な生物が生息する豊かな生態系は完全に失われてしまいます。

原料のほとんどが天然林材である

 両社とも、紙生産に用いている原料の50%前後が天然林を伐採したものです(2006年現在)。これ以外の原料はアカシアなどの植林木ですが、この植林も以前に天然林を皆伐した後に行なわれたものです。

天然林
(熱帯林)

伐採(皆伐)
植林
(単一樹種)

伐採(皆伐)
紙パルプ生産 紙パルプ生産

APPの社員などに殴られた男性

原料に違法材を使用している

 両社とも、政府から認可を受けた伐採を行なう一方で、違法に伐採された木材を原料として使用しているとの調査結果が多く報告されています。もっとも、上記のとおり、政府から認可を受けた伐採は皆伐であり、生態系を完全に失わせてしまうものです。

地域住民との土地権をめぐる対立や暴力事件を引き起こしている

 APP社やエイプリル社が伐採する森には、地域住民が伝統的にハチミツなどの食料やラタンなどの林産物を利用してきた森も含まれています。いくつもの村で会社と住民との間で紛争が発生しており、2002年にはAPP社の社員などが住民に対して暴力を振るう事件も発生しています。

 詳しくは...

次のページ

© 1999-2003 熱帯林行動ネットワーク(JATAN)