• ENGLISH
  • サイトマップ
  • TOP
  • JATANの熱帯雨林保全活動
  • 会員、ボランティア活動
  • いますぐ出来ること
  • 世界の森と私たち
  • よくあるご質問

10/24(水)【セミナー】アブラヤシ農園での労働実態と改善への動き 〜農園労働組合代表を招いて、パーム油の調達と投融資から対応策を考える〜

2018年10月03日掲載

パーム油の8割以上を供給しているマレーシアとインドネシアにおいては、労働者の権利侵害が蔓延しています。例えば、移住労働者や日雇い労働者に厳しいノルマを課し、最低賃金も支払わず、児童労働への関与が認められるなど人権侵害が起きています。米国労働省の調査レポートでも両国でのパーム油生産は児童労働のリスク、マレーシアでは強制労働のリスクも高い産品とされています。

日本向けパーム油供給も行なっている大手サプライヤーの持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)認証農園でも、違法な労働慣行が行われていることが報告されており、RSPO認証制度の課題として指摘され、改善が求められています。問題が指摘された企業グループに、日本の3メガバンクも融資を行っており、日本はパーム油の輸入消費国として、また農園開発の投資国としてもこの問題に関わっています。

アブラヤシ農園での労働実態についての調査レポートを発表し、状況改善を求めて活動をしている現地の労働組合代表の方に、今回、現地の状況をお話しいただき、こうした状況を改善するために調達面、投融資面から対応策について考えていきたいと思います。

スピーカー:
ヘルウィン・ナスティオン氏(インドネシア農園労働者組合Serbundo会長)
「インドネシアにおけるアブラヤシ農園労働者の生活実態」

川上 豊幸(レインフォレスト・アクション・ネットワーク日本代表)
「パーム油調達企業と投融資機関等の対応状況について」

コメンテーター:
山田 美和氏(アジア経済研究所)

【日  時】2018年10月24日(水)13:00〜16:00(開場12:30〜)
【申し込み】以下のサイトからご登録ください。
https://fairfinance.jp/news/2018/20181024/
【参加費】1,000円
【会 場】日比谷図書文化館 スタジオプラス(小ホール)
https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/
【住 所】〒100-0012東京都千代田区日比谷公園1-4
【アクセス】
・東京メトロ 丸の内線・日比谷線「霞ヶ関駅」B2出口より徒歩約3分
・都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分
・東京メトロ 千代田線「霞ヶ関駅」C4出口より徒歩約3分

【お問い合わせ】
・Fair Finance Guide Japan(PARC気付)担当:田中
Tel:03-5209-3455、メール:office@parc-jp.org
・熱帯林行動ネットワーク(JATAN) 担当:中司(なかつか)
Tel:03-5269-5097、メール:info@jatan.org

【主 催】熱帯林行動ネットワーク(JATAN)、Fair Finance Guide Japan、レインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)
【協 力】アムネスティ・インターナショナル日本、地球・人間環境フォーラム、プランテーション・ウォッチ
【助 成】一般財団法人大竹財団、スウェーデン国際協力庁(SiDA)

このページの先頭へ